よくある質問

Q.小さな子どもがいます。参加可能でしょうか?

 

A.現在行ってきた菜園教室では、以下の2点を守っていただける方は、子ども同伴でご参加いただいております。義務教育期間は参加費は無料になっております。

 

 新しい命と一緒に菜園教室にご参加いただくことは良いことだと思います。

 1)1歳未満の場合、夫婦でご参加いただき、2人でご協力いただき、無理をしない。

 

 2)お子様に参加することを告げ、同意してもらう。

  お子様に説明なく、無理やり参加すると、参加いただいてる間お子様が騒いだり、集中して参加でき  ないことがよくあります。

 

 体験として1回単発参加されてから、年間参加するかどうか決めてもかまいません。

 無理せず参加できる方法を一緒に考えていきましょう。

 

Q.自然農を学びたいのですが、自然農と自然農法の違いはなんですか?どの菜園教室がお奨めでか?


A.自然農とは、奈良の川口由一さんがはじめた「無農薬」「耕さない」「草と虫を敵としない」「持 ち根ない、持ち出さない」自然の理を活かした生きた方です。

 

 自然農法は、福岡正信さん、岡田茂吉さんが提唱し、現在様々なやり方がございます。また、無農 薬栽培といっても、有機農業や○○農法といろいろございます。

 

 私も色々な無農薬栽培、中でも自然農、自然農法を学び、実践して現在にいたっております。

自然農を始めたい方は、動画「せたがや自然農実践倶楽部」での講演会をご参考にしてみてください。

 

 そこで、自然農を学びたい方は、あずみの自然農塾が閉校したため、「Azumino自給農スクール」がお奨めですでは、田んぼや畑を自然農だけでなく自然農法、有機農業の基本から 応用まで学べるようになっております。

 

 2012年~新設の「土から学ぶ~永続可能な自然菜園講座」では、無農薬栽培で菜園づくりの基本を講

座と体験で4回でゆっくり学べるようにしました。これから有機農業、自然農法の基礎から学びたい方に最適です。

Q.農業をするのが初めてです。いきなり菜園教室に参加して大丈夫でしょうか?

 

A.大丈夫です。はじめての方でも安心して勉強できます。

どの菜園教室も、初めての方でも、家庭菜園をずっとやっている方でも、一緒に学ぶことができることが特徴です。

 

どの菜園教室も、基本的に農業専門用語は使いません。日常の生活に例えてご説明いたします。

 

私も色々な先生(師匠)についてきたので、無農薬栽培のやり方は色々あると思っています。

初めての方でも学ぶことができるよう、根本的なことから説明し、日常的に疑問をお持ちの点についてお応えしていきたいと思います。

 

各菜園教室は通常十数人で開催しますので、参加してくれた方のニーズにできるだけ合う形で行っております。

 

一人一人が異なる顔を持っているように、農地によっても、環境によっても、やり方は様々あります。

そこで、各菜園教室では、最終的にその参加いただいた方、農地に合ったやり方が見つかるようにご指導させていただいております。

 

1年で卒業される方もいますし、2~3年続ける方、他の教室も参加する方など様々です。

 

初めて無農薬栽培の場合、軌道に乗るのに早くて3年かかるものです。

農地の環境特徴をつかみ、土作りや、その地に合った栽培方法に至るまでどうしてもかかってしまう時間です。

 

初めての方は、無農薬の基本的な考え方や、栽培方法を頭と身体で体験しながら1年程度学ぶと、美味しく、安全な方法で野菜を育てる近道になります。

 

自分と同じような仲間にも出会える菜園教室に参加しながら、少しずつ慣れていくことが大切です。

47組のコンパニオンプランツをご紹介
47組のコンパニオンプランツをご紹介

2016年3月、宝島社さんから、自然稲作や鶏など豊富にご紹介

1㎡でいろいろな野菜をリレー栽培をご紹介
1㎡でいろいろな野菜をリレー栽培をご紹介

2015年9月、学研パブリックさんから1㎡をテーマに発売させていただきました。

豊富なイラストと写真で分かりやすく解説
豊富なイラストと写真で分かりやすく解説

2014年6月、家の光協会さんから、3冊目の著書が発売されました。

自然菜園教室が一冊の本になりました
自然菜園教室が一冊の本になりました

2012年8月に2冊目の著書が農文協さんから発売になりました。

47組のコンパニオンプランツをご紹介
47組のコンパニオンプランツをご紹介

2012年3月、家の光協会さんから、初めての著書を発売させていただきました。