自然稲作・発酵コース2019   テーマ「不耕起と耕起」

天日干し 脱穀
天日干し 脱穀

本コースの趣旨

1年間、自給に欠かせない五穀、お米と大豆、小豆、小麦、モチキビを学びます。

 

具体的には、苗の育て方、田植え、草取り、稲刈り、脱穀の実習を通して、お米の栽培、収穫、保存、自家採種の仕方、そして田んぼの管理法、さまざまな除草法を体験学習します。

 

同じ田んぼの半分で、同時に小麦と大豆を栽培し、11月に醤油造り・醤油絞り・味噌作りを行います。

講座の柱

講座は、毎回、以下の3つの柱に基づいて行います。

1)自然稲作講座

 各月の自然稲作のテーマを、考え方、ポイントなどを体系的に学ぶ。

 田んぼによって除草方法や水管理が異なります。

 代表的な田んぼの特性を学び、地域風土と自分の暮らし方に応じて田んぼのやり方を体系的に学習。

 元田んぼの畑への転換の仕方

 

 田んぼの一部を自然菜園へ転換するやり方や注意点を学びます。

 

2)実習

 ①水田で、水稲の育苗、田植え、除草、稲刈り、脱穀を体験学習。

 ②田んぼで、大豆・小豆、モチキビ、小麦の栽培、脱穀、調整。

3)発酵

 ①田んぼ用の完熟堆肥造り

 ②醤油・味噌造り

時間割 

時間

内容

13:00~15:00

前半:講座、後半:実習

15:00~15:30

お茶(Q&Aタイム)

15:30~17:00

実習の続き、終わり次第終了

※お米の脱穀以外は雨天決行です。雨具をご持参ください。田靴も必要です。

※農繁期は午前中から行います。

年間日程


内容

46

PM:ガイダンス、自然稲作講座①(田んぼの1年)

  実習:種の温湯消毒、塩水選、浸水、種まき

519

PM:自然稲作講座②(不耕起田植え)

実習:不耕起田植え(信更)※自然菜園フルコースと合同

526

AM:耕起田植え(信更)手植え

PM:自然稲作講座④(田植え前後)

  実習:田植え(大岡)機械植え

61

PM:自然稲作講座⑤(ダイズとコムギ)

  実習:田植え(信更)大豆、小豆、モチキビ種まき

622

PM:自然稲作講座⑥(除草と抑草の基本)

  実習:チェーン除草と米ぬか除草(信更)、大豆の土寄せ

629

PM:実習:田車除草(信更)、小麦刈り&脱穀

715

月・祝

PM:自然稲作講座⑦(水管理)

  田んぼの見学会(信更・大岡)

922/23

日・月祝

AM:実習:稲刈り ※手刈り

PM:実習:稲刈り ※バインダー刈り、はざがけ(信更)

※宿泊可能。いずれか出られる日程。自然菜園フルコース合同

928

PM:実践:稲刈り、はざがけ(大岡)

1014

月・祝

PM:実習:お米の脱穀 ※足踏み脱穀機、ハ―ベスター

112/3

土・日

 

2日PM:大豆の収穫 

3日AM:大豆の収穫 PM:脱穀・調整 

※宿泊可能。いずれか出る日程でよい。

112225

金~月

22日~25日:醤油造り、モチつき 

※宿泊も可能 いずれか出られる日程でよい。

 ※天候により内容翌日に変更となることがございます。ご了承ください。 

年間授業料

年間聴講生…27,000円  (体験のみ)※夫婦参加の場合48,000

体験参加 1回2,500 ※夫婦参加の場合4,500

※醤油造りの4日間についての単発参加は、1日2,500円。2~4日間5,000円になります。宿泊や詳細の日程は、大豆の収穫量によって変わりますので、11月に入ってからお問い合わせください。

※随時生徒募集しております。 

◆申し込み・お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

◆メッセージが送れない場合は、yuko.deva@gmail.comに、

氏名、携帯番号、メールアドレスを明記の上、件名「自然菜園スクールについて」でメールをください。

このメールは自動返信されません。順次、ご返信しています。春の菜園教室お申込みが殺到する際や、出張、農繁期などによりご返信が数日かかる場合がございます。お待たせさせて申し訳ございません。1週間以内ご返信させていただきます。

47組のコンパニオンプランツをご紹介
47組のコンパニオンプランツをご紹介

2016年3月、宝島社さんから、自然稲作や鶏など豊富にご紹介

1㎡でいろいろな野菜をリレー栽培をご紹介
1㎡でいろいろな野菜をリレー栽培をご紹介

2015年9月、学研パブリックさんから1㎡をテーマに発売させていただきました。

豊富なイラストと写真で分かりやすく解説
豊富なイラストと写真で分かりやすく解説

2014年6月、家の光協会さんから、3冊目の著書が発売されました。

自然菜園教室が一冊の本になりました
自然菜園教室が一冊の本になりました

2012年8月に2冊目の著書が農文協さんから発売になりました。

47組のコンパニオンプランツをご紹介
47組のコンパニオンプランツをご紹介

2012年3月、家の光協会さんから、初めての著書を発売させていただきました。